増大サプリ 危険

ペニス増大サプリはアルコールと併用すると危険?

お酒

 

ペニス増大サプリメントはアルコールと併用すると危険か?という質問をたまにヤフー知恵袋などで見かけます。

 

例えば夜友達と飲みに行って、飲みすぎて終電でフラフラになって帰ってきて、「あ、ペニス増大サプリメント飲まなければ!」と思うことはありますよね。
体の中にはまだアルコールが残っているのに、サプリメントを飲んで危険はないのでしょうか?
サプリメントの効果はなくなってしまうのでしょうか。

 

 

アルコールとペニス増大サプリメントを併用するのは危険?

本来サプリメントは「健康補助食品」なので、アルコールで飲んだとしても危険はありません。

 

ましてやゼクノリンやゼファルリンは天然の原料を使ったサプリメントです。
化学物質は一切使われていません。
ですから急な吐き気やめまいなど、危険な症状を引き起こすことはまずないと思います。

 

 

アルコールを飲むとペニス増大サプリメントの効果はなくなるのか?

でも効果は激減すると思います。

 

なぜかというと、体内に入ったアルコールを肝臓で分解するのに、大量のアルギニンや亜鉛を消費するのですが、このアルギニンや亜鉛はペニス増大に必要不可欠な成分なのです。

 

本当なら、ペニス増大のために使われるはずの栄養素が、アルコールを分解するために使われてしまうわけです。

 

だからといって、飲みに行けない、行ってもウーロン茶を頼まないといけないというのはちょっと寂しいですよね。
個人的な提案としては、お酒の量はほどほどにおさえるのがいいのではないでしょうか。

 

ほどほど

 

お酒はどのくらいまでなら飲んでもいいのか?

では「ほどほど」ってどのくらいでしょうか。
医学的には血中濃度が0.1%未満になる分量のことを言います。
血中濃度が0.1%未満だとリラックスし、陽気になり、血流がよくなります。

 

「血中アルコール濃度0.1%」って言われてもどのくらいの量なのか検討もつかないと思います。
そこで、どのくらいの量を飲むと血中アルコール濃度0.1%未満に抑えられるのか調べてみました。

 

  • 清酒2合、
  • ビール大瓶2本、
  • ワイン2/3本、
  • ウイスキーの水割り(シングル)4杯

 

この量を超えない範囲であれば「ほどほど」と言えるようです。
ペニス増大をするのには、お酒は飲まないにこしたことはないですが、どうしても、というなら、このくらいの量に抑えた方が良さそうですね。

 

 

ペニス増大時期はお酒の量を控えてゼファルリンを飲もう